FC2ブログ
2016年04月22日 (金) | 編集 |
今回はちょっと変わったレビューをしていきます。

何せ酔っ払った状態でのレビューなので誤字、脱字が目立つと思いますが

その辺はご理解をお願いします。



以前使っていたウィルコム産のスマホ「DIGNO DUAL®2(WX10K) 」から
ディグノ2



とにかく、発売した当時ではウィルコムの中で最高のスペック。


比較対象がWX04SHとの比較ですが
(両方ともPHSの070と、080or090が入ってる条件ですが)
SH04
まず音質についてですが

音質は若干SHに軍配が上がります。

さすがシャープといったところ。

小型というのもなかなかよく、バッテリーも小型のわりによく持ちます。

ただし電池容量はDIGNOの方がはるかに上位です。

androidですが、共に同じ4.2ですが、CPUはDIGNOの方が上です。

放熱ですが、ここはSHの方が上で、とにかくDIGNOは熱を持ちやすいです。

よく基盤が熱で壊れるケースが多く、ブログ主が今回楽天モバイルに切り替えるきっかけも

熱による基盤損傷の為でもあります。

(それでも2年半年持ったのでよい方とも言えますが)

SHの方が熱がこもりにくく、長く使うには向いているといえます。

ここの二つを使い比べた結果後継機はSH-RM02になったわけです。

次にSH-RM02のレビューです。

RM02omote
RM02ura

SH-RM02を購入して大体半月が立ちました。


今回、悪い点が目立ったので、思い切って書いてみようと思います。



まず良い点。


android5.0は今までの4.2と比べると本当に良い。

早い!これに尽きる。


音質はSHシリーズだけあって4.2と脚色なし。

ほぼ同じといっていい。

カメラの画質もSH04とさほど差はなし。
(かなりこだわる人なら違いは分かるかもだけど、一般から見たらほぼ同じ)

電波は前回yモバイルはソフトバンクだったのでNTTDoCoMoの電波はとにかく繋がる。

これが格安SIMと思えないぐらいの音質の良さ。

これだけでも変えた価値ありだとは思った。

CPUも性能が良く処理も早いです。

音質もよく、電池も長持ち という言う点はそのままだと評価します。

(メールも通話も一切しない状態で一日30%しか減らないため2日放置で30%以上残ってます)


残念なのが次の一点

今回yモバイル(旧ウィルコム)からのMNPですが
まずひどいと思ったのは

このスマホとにかく通話に向いてない!

こっちからかけるときはともかく

向こうからかかってきたとき

電池の消費量が激しい、相手の声が駄々漏れ、こっちから通話を切るのが困難(設定にもよる)

☆電池の消費が激しいについて
こっちからかける分には問題ないですが、向こうからかかってきて受けると電池の消費が若干多い気がしました。
(こっちからかけて10分しゃべったときは5%しか減ってないに対して着信通話で15分通話したら30%ぐらい減ってる)

待ち受け時間の誤差を入れても25%の差が出る。

☆相手の声が駄々漏れ
スピーカーモードじゃないのにスピーカーから相手の声が聞こえるため、隣にいた人に会話が全部聞こえます。

☆通話を切るのに困難

待ち受け状態ではトップ画面に戻るのにで
こっちはロックかけてるので 
ロック解除→トップ画面から電話を選ぶ→通話中タブを開く→通話を切る

この手順がいります。


とにかくめんどくさい。


yモバイル時代と比べると手間が増えてました。


格安SIMだからしょうがないといえますが

データSIMじゃない限りは電話には向いてないと思います。

個人的には楽天アプリが最初から入ってるのはいい点ですが

楽天メールを使用するまでがめんどくさい(手順がわかりにくく、肝心のアプリがインストされてない)

LINEではなくViberをやたら進めてくる。
(警告が面倒なので同意して登録しましたが)

プリインストールしてるのはそのまま本体に残り続けるので

楽天ポイントをためる人以外はお勧めしない機種です。(R-02の方は所持してないので未検証)

そんな感じが半月間で感じたことでした。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック