FC2ブログ
2017年05月30日 (火) | 編集 |





うちが考えついた言葉ですが

頑張ってる人を笑うことのできる人は、頑張ってない人だけです。
いつか見返してやればいい。前向きに頑張り続ければいいのさ。
継続こそが力になる。結果はすぐには出ない。必ず後から付いてくる。


私がなんとなく心の中に浮かんだ言葉です。


話が少しずれますが


ある人の言葉で

『やりたいことをやろうとした時、
あなたの周りの人の大半が敵になると思え』


ドリームキラーといって、変わろうとしたときに
身近にいる人ほど夢への気持ちを折ろうとしてきます。

本人は親切心で言ってるとは思います。

それが原因で挫折する人が多いのです。


脚やせ


このBGMを聞きながら見てみるといいです。
最近知った好きな曲です。



続きですが

ここで最初に話をしたことを思い出してください。


自分らが稼げないのにやりたいといって稼げるわけがない。
そう思ってるはずです。

逆に変わろうとする人を見て怖くなって

強く言ってしまうんじゃないかと思います。

変わってしまうのが怖くて、否定的なことを言ってくるはずです。


やろうとしてることを正しい知識を身に着けたうえで、

再現性の高い方法だと確信して

ひたすら自分を信じてやり続け、誰をも敵を回して

孤独との戦いを続けて、つらさとも戦い、

結果を出したとき、成功します。


すると、敵にまわってた人が必ず自分の元に戻ってくるはずです。

逆に成功したにもかかわらず、自分の元に戻ってこない人は

その程度の人だったということです。


ここでタイトルに戻ってきます。


一度は敵に回った人でも味方として戻ってきたとき

逆に相手に足りてない事を指摘してあげたらいいと思います。

その時きっと成功する前の自分が言っていた言い訳から入るはずです。

これによって本当に自分の欠点を見つめなおし、自分の欠点を克服したことになります。

すなわち真の成功と言えると思います。

正直私は、今は机上の空論を並べてます。

ただ、成功者に共通して言えることは

強靭な思考力が備わってるということです。



これは誰もが最初から持ってるわけではありません。


遺伝でも、生まれ持ったものでもないです。


自分で作り出すものなのです。


自分が変わろうと新しいことをやってみて、成長しようと実行して、評価する。

まさにPDCAの法則そのまんまじゃないでしょうか?

PDCAとは
Plan(プラン)    計画
Do(ドゥ)      実行
Check(チェック)  評価
Action(アクション) 改善

計画実行して評価してみてダメな点は改善する。



現実的な方法を知りたければ周りに聞くべきだと思います。

ですが、非現実的なことをしたければ非現実なことをしてる人に聞くのがいいと思います。


極端ですが簡単な例で出すと、


プロ野球選手になりたい人がいるとしましょう。

プロ野球選手に聞いたほうがなる方法を知っていますので

直接教えてもらえさえすれば、現実になることができます。



草野球をやってる人に聞いて実行してもプラスにこそなるものの

プロ野球選手になってないですから、なる方法までは教えてもらえません。


極端なたとえですが深く考えればなんとなくわかると思います。



じゃあ1000万以上稼ぐなら誰に聞くかってことです。

労働収入で1000万稼ぎたいならその人の言うとおりにやったらいいと思います。

現実的に低くてもいい線まではいくと思います。



それ以外の方法で稼ぐには

やっぱりその道のプロに聞くしかありません。



いろいろな職業ありますが

最も確実に、再現性が高く、年齢性別問わずだれでもできることは


アフィリエイトしかないと私は考えます。



ならその道のプロに聞けばいいと思いますが、

さっきにも出てきたと思いますが

正しい道を示してくれる人が前提になります。

実際稼いでいても再現性が低い人では環境や実力で

なれるとは限りません。

なら正しい方法でちゃんと実績のある人に聞くべきだと私は思います。


私はその人を知っています。


その人の考えを忠実に守って有言実行しようと思います。


結果が出なければここに書いたことは机上の空論で終わってしまうわけですから。


1年後の自分を信じ続けて自分も頑張っています。
関連記事
テーマ:雑談
ジャンル:アフィリエイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック